[更新2:Android QでのWi-Fiイージーコネクト] WPSはAndroid Pで消失し、戻ってこない可能性があります

Update 2(6/9/19 @ 3:08 PM ET): WPSは非推奨になりましたが、GoogleはAndroid Qで「Wi-Fi Easy Connect」と呼ばれる代替手段を提供しました。

更新1(7/17/18 @ 7:10 PM ET)Google社員は、この機能が今後のAndroidリリースで利用可能になるとIssue Trackerにコメントしました。

Android Pが近日中にリリースされると、最終リリースで何がもたらされるかを楽しみにしています。 パフォーマンスの改善、ジェスチャーナビゲーションや新しいUIなどの新機能が期待できます。 ただし、無数のセキュリティ強化も期待できます。その一部は、最初はユーザーを怒らせる可能性があります。 AndroidPoliceが最初に報告したように、GoogleはAndroid Pのリリース時にWPS(Wi-Fi Protected Setup)サポートを廃止する可能性があるようです。 知らない人のために、WPSでは、ルーターの指定されたボタンを押すだけで、ルーターにデバイスを接続できます。 一部の構成では、デバイスにPINコードを入力する必要があります。

WPSは、このPINベースの認証のために本質的に安全ではなく、ブルートフォース攻撃が一般的です。 WPA2はクラックされる可能性がありますが、WPSピンをクラックすることができれば、そのような攻撃を使用する必要さえありません。 しかし、Android Pでサポートが削除されていることをどのように知ることができますか? プロトコルに関連する多くの文字列は、非推奨としてマークされており、実際に文書化された変更はありません。 Google社員は、開発チームに通知されたと回答しましたが、それは意図的ではないという意味ではありません。 WPSにアクセスしようとすると、一般的なエラーが返されるため、非常に意図的に見えます。

それでは、日常生活でWPSを必要とする可能性のある人々にとって、次に何が必要でしょうか? これは古いセキュリティ標準であり、非常に安全ではありません。 自宅では便利かもしれませんが、商業的な設定には適さないプロトコルです。 ユーザーはスマートフォンの代わりにネットワークパスワードを入力するだけなので、大した問題でもありません。 不便かもしれませんが、確かに人々がインターネットにアクセスするのを止めることはありません。 この問題については、バグトラッカーレポートをこちらで確認できます。 Googleが応答した場合、この記事を更新します。


更新1:Googleが課題トラッカーに応答する

Google社員は、「問題は修正され、今後のAndroidリリースで利用可能になる予定です」とWPSの消失についてIssue Trackerレポートに回答しました。この機能が復活するかどうかはわかりませんPの最終リリースまたはAndroidQ。これを明確にするために手を差し伸べ、新しい情報を受け取ったらこの記事を更新します。


更新2:新しい代替手段– Wi-Fi Easy Connect

WPSは非推奨ですが、Android QではWi-Fi Easy Connectのサポートを導入して、ネットワークへの新しいデバイスの追加を簡素化します。 ドキュメントによると、アプリは、ユーザーがQRコードをスキャンしたりBluetooth LEまたはNFC広告を発見したりすることによって提供されるURIを必要とするACTION_PROCESS_WIFI_EASY_CONNECT_URIインテントを使用して、Easy Connectを統合できます。 Easy Connectには、場所やWi-Fiの許可は必要ありません。