OnePlus 5、OnePlus 5T、およびOnePlus 6で常時表示を有効にする方法

スマートフォンの機能の一部は非常に標準化されており、私たちの多くは、すべての新しい電話に自動的に搭載されると想定しています。 スリープ/スリープ解除のダブルタップは、AMOLED画面を備えたスマートフォンに搭載されていると想定されるもので、常時オンのディスプレイでもそのポイントに到達しているようです。 OnePlus 6では、バッテリーの問題により常時表示機能が削除されていましたが、OnePlus 5、OnePlus 5T、およびOnePlus 6にこの機能を提供するMagiskモジュールがあります。

この常時表示機能は、OnePlus 6に付属の初期ファームウェアに含まれていましたが、バッテリーの問題のために削除されました。 この機能専用のモジュールがあるため、Magiskをインストールしている人なら誰でも簡単に戻すことができます。 OxygenOSはデバイス間で非常に類似しているため、OnePlus 5およびOnePlus 5Tにも常時表示機能が搭載されることに気付きました。

  1. まず、ルートとマジスクが必要になります。
  2. 以下にリンクされているページからMagiskモジュールをダウンロードします。
  3. Magisk Managerアプリケーション内にインストールします。
  4. インストールしたら、OnePlus 5、OnePlus 5T、またはOnePlus 6を再起動して、変更を有効にします。
  5. 電話機を再起動すると、設定アプリケーションの表示セクションに常時表示機能が隠れています。

スマートフォンをポケットに入れるのではなく、平らな面に置く人が増えています。 これが、多くの人が常時表示機能を好む理由です。電話を一目見るだけで時刻、日付、天気、通知を簡単に確認できるからです。 AMOLED画面を備えたスマートフォンには、この機能を含めるのが理にかなっています。最小限のピクセルを照らす行為は、電話のバッテリー寿命の多くを使用しないためです。


OnePlus 5TフォーラムでこのMagiskモジュールをご覧ください