Google AssistantのルーチンがAndroid TVに登場

更新:Google PRの広報担当者がこのニュースに関する詳細を明らかにするために連絡しました。 プリセットの「Showtime」ルーチンはありません。 ユーザーは、Android TVデバイスを含むカスタムルーチンを作成できます。 元の記事は次のとおりです。

Google Assistantの最も強力な機能の1つはルーチンです。 2017年のMade by Googleイベントで発表されたRoutinesは、昨年リリースされました。 ルーチンは基本的に、特定のフレーズを言うときに実行される一連のコマンドです。 一般的な例は、「OK Google、おはようございます」と言ったときにライトをオンにして音楽を再生することです。GoogleはAndroid TVデバイス向けのルーチンをまもなく公開します。

以前は、ルーチンはスマートホームデバイスを制御し、Google Homeスピーカーと連携できました。 また、カスタムコマンドとして「リビングルームのテレビをオフにする」などを追加することで、これらのルーチンにAndroid TVデバイスを含めることもできます。 間もなく、Googleアシスタントは「Showtime」というAndroid TV専用のルーチンを取得します。これは、「おはよう」や「就寝時間」などの他のプリセットとともにリストに表示されます。

近日中に、Google Assistantでルーチンを設定できるようになります。 「ショータイム」と発声するだけで、ソファでくつろぎながらライトを暗くし、カーテンを描き、スリラーを開始できます。

Showtimeルーチンは、他のルーチンと同じように機能するはずです。 スマートホームデバイスを追加してテレビを制御できるので、コマンドを使用してライトを暗くしてムービーを開始できます。 繰り返しますが、これは以前はAndroid TVボックスで技術的に可能でしたが、デフォルトのGoogleアシスタントルーチンを使用することで、より多くの人がそれを実現できるはずです。


出典:Google