キリン960、EMUI 9、Android 4.2などをサポートするMagisk v18.1がリリースされました

認められた開発者topjohnwuのMagiskはシステムレスのルートメソッドとして始まり、長年にわたって単なるルートを超えたはるかに多様で強力なツールに進化してきました。 しかし、今日でも、rootが必要な場合、デバイスに推奨されるrootの方法では、rootにMagiskをインストールすることが記載されている可能性があります。

Magiskはv18.1に更新され、HuaweiのEMUI 9とKirin 960のサポートが追加されました。また、メモリ4.2

Magisk v18.1変更ログ

  • [全般] EMUI 9.0をサポート
  • [全般]キリン960デバイスのサポート
  • [全般] Android 4.2までのサポート
  • [一般]主要なコードベースの最新化

Huaweiは公式のブートローダーロック解除サービスの提供を停止しましたが、ブートローダーのロックを解除する有料サービスがあります。 この状況は、Huaweiデバイスがホットケーキのように販売されるという違いがあるが、非公式の有料サービスを通じてブートローダーのロックを解除する必要があった特定の以前のHTCデバイスに似ています。 v18.1では、MagiskはEMUI 9とKirin 960をサポートするようになりました。ただし、Huaweiがパーティションを変更したため、サポートを提供するために特別な回避策が採用されました。 この手順ページで詳細と手順を確認できます。

Magiskは、Android 4.2 JellybeanまでのAndroidバージョンもサポートするようになりました。 Kitkat 4.4以降のデバイスではすべての機能が有効になりますが、Android 4.4とAndroid 4.2の間のデバイスでは、MagiskHideをルートソリューションとして利用できます。

Magisk Managerもv7.0.0に更新されました。変更ログは次のとおりです。

Magisk Manager v7.0.0変更ログ

  • UIの大幅な再設計!
  • Markdownをネイティブにレンダリング(バグのあるWebViewはもうありません!)
  • Android 4.1までのサポート(ネイティブMagiskはAndroid 4.2のみをサポートします)
  • Magiskログ表示のパフォーマンスを大幅に改善
  • A / BデバイスのOTA後のスクリプトを修正
  • ブートイメージの検証および署名時のメモリ使用量を削減します
  • v18.0よりも低いMagiskのドロップサポート

サイドノートとして、一部のユーザーは、Magisk Manager v7がMagiskをv18.0からv18.1に直接アップグレードできないことを報告しています。 この問題に直面した場合は、更新する前にMagisk Managerを非表示にしてみてください。 また、バックアップの重要性を強調したい(ほとんどの場合、Magiskの安定性は当たり前だと思っているため)ので、更新を試みる前に適切なバックアップを作成してください。

フォーラムからマジスクをダウンロード