YouTubeアプリからGoogle Homeにビデオ/プレイリストをキャストする方法

Googleの新しい製品を扱う上で最もイライラする部分の1つは、明らかに含まれると思われる機能がないことです。

Google Homeを購入した人は、デバイスがGoogle Castレシーバーとして機能し、スマートフォンでお気に入りの曲を選択してGoogle Homeでの再生を開始できることをおそらく喜んでいるでしょう。 ただし、1つのアプリケーションにはGoogle Homeへのキャストのサポートがありません。Androidアプリの公式YouTubeです。

Google HomeがYouTubeビデオの音声を再生するのを妨げる技術的な障壁があるわけではありません。結局のところ、このまったく同じ機能がデスクトップYouTubeページに存在します。 ただし、スマートフォンからブラウジングしているときに同じ動画をキャストしようとすると、Google Homeにキャストするオプションが著しく欠落していることがわかります。

デスクトップ上

電話で

この一見明らかな機能がAndroidアプリにない理由を推測することしかできませんが(おそらく、ユーザーにYouTubeミュージックを使用するようにプッシュする-偶然にGoogle Homeにキャストすることができます)、なぜそこにないのかはわかりません。 YouTubeには多くのコンテンツがありますが、オーディオだけを聴くのが望ましいのですが、このコンテンツはYouTube Musicでは利用できないため、とにかくこの問題を回避する方法を見つけたいと考えました。

Google Homeアプリに移動し、サイドバーの[画面/音声のキャスト]オプションを選択することで、スマートフォンで生成されたすべての音声をキャストすることは技術的に可能ですが、私は個人的にこのオプションが好きではありません。動画をキャストするたびにこのオプションを有効にします。また、携帯電話で動画の再生を継続する必要があるため、他のアプリを使用できなくなります。 そこで、Google HomeのネイティブGoogle Cast機能を活用し、携帯電話を人質にする必要のない、よりクリーンなソリューションを思い付きました。


YouTubeアプリからGoogle Homeにビデオをキャストします

このトリックの背後にある考え方は非常に簡単です。 YouTubeビデオまたはプレイリストのURLをGoogle Homeに送信して、再生を個別に処理できるようにします。 これを行うには、AutoShareとAutoCastの2つの異なるTaskerプラグインを利用します。 AutoShareを使用すると、 Androidの組み込み共有メニューからYouTubeビデオ/プレイリストのURL共有できるようになり、AutoCastはそのリンクをGoogle Castプロトコル経由でGoogle Homeにキャストして、再生を開始できるようになります。 Googleが最終的にYouTubeアプリを更新してGoogle Homeへのキャストを可能にするまで、これは最もクリーンでシンプルなオプションです。 方法は次のとおりです。

要件

  • タスカー
  • AutoShareベータ
  • AutoCast Beta

最初に行う必要があるのは、AutoShareとAutoCastの両方をセットアップすることです。 AutoShareを開き、 AutoShare Commandが「AutoShare Settings」と表示されている場所の下でチェックされていることを確認します。次に、 Manage Commandsをタップします。 ここで、コマンド作成画面に入る必要があります。 上にある[ + ]アイコンをタップして、新しいコマンドを作成します。 Cast to Homeという名前を付けます。 AutoShareは、コマンドにアイコンを付けるように要求します。 「ビルトイン」アイコンのいずれかを使用するか、好きなアイコンを選択します。それは本当に重要ではありません。

それが完了したら、次にAutoCastのセットアップに進みます。 AutoCastアプリケーションを開き、 [キャストデバイスの管理]をタップします。 上部の+アイコンをタップし、AutoCastがGoogle Homeを検出するまで待ちます。 優先するGoogle Homeデバイスをリストに追加します。 Google Homeデバイスが表示されない場合は、安定したPlayストアバージョンにはまだGoogle Homeのサポートがないため、AutoCastのベータ版を使用していることを再確認してください。

次に、Taskerを介して2つのプラグインを接続します。 Taskerに詳しい方のために、タスクの説明を以下に示します。 Taskerに慣れていない場合は、手順を追って説明してください。

 Profile: Home - Play Youtube Audio (156) Event: AutoShare [ Configuration:Command: Cast to Home Sender: all Subject: all Text: all Image: all ] Enter: Anon (157) A1: AutoCast Best Guess [ Configuration:Cast Device: Bedroom Home Value to Cast: %astext Timeout (Seconds):0 ] 

Taskerを開き、右下隅の+アイコンをタップして新しいプロファイルを作成します。 [ イベント] -> [ プラグイン]-> [自動共有]をタップし、ポップアップが表示されたら再度自動共有します。 鉛筆アイコンをタップして、AutoShare構成を表示します。 [ コマンドフィルター]で、 [ ホームキャスト]を選択します。これは前に作成したコマンドです。 チェックマークアイコンを押してから、左上の戻る矢印をタップして、プロファイル設定を終了します。

次に、タスクに名前を付けるように求められます。 名前を付けても付けなくても構いませんが、問題ではありません。 チェックマークをタップして、タスク作成画面に入ります。 画面の中央下にある[ + ]アイコンをもう一度タップして、このタスクの新しいアクションを作成します。 [ プラグイン]-> [AutoCast]-> [AutoCast Best Guess]をクリックします。 鉛筆アイコンをタップして、AutoCastの構成画面を開きます。 [ キャストデバイス]で、選択したGoogle Homeデバイスを選択します。 値をキャストするには、 %astextと入力します。 この変数には、YouTubeからGoogle Homeに共有するURLが含まれます。 上にあるチェックマークをタップして、このアクションの編集を終了し、Taskerのメイン画面に戻ります。

できました! 前述したように、これはTaskerで実行するアクションが1つだけで済むため、かなり簡単なソリューションです。 どうやって実際に実行させるのですか? YouTube動画またはプレイリストのURL(ウェブ上またはYouTubeアプリ内から共有)を見つけ 、Androidの共有メニューでAutoShare Commandを選択し、最後にCast to Homeを選択してAutoCastがGoogle Homeで再生を開始するようにします。

Google Homeデバイスで再生がすぐに開始されます。 プレイリストは、各ビデオを1つずつ自動的に循環します。 再生を停止する場合は、スマートフォンのAutoCast通知をタップするか、通常のGoogle Homeコマンドのいずれかを使用して、強制的に停止することができます。 私は「ちょっとGoogle、黙れ」が好きです。しかし、それぞれに。


Taskerでのプロファイルのインポート

いつものように、単にインポートして開始したい人のために、プロファイルをダウンロードするためのリンクを提供しています。 このプロファイルをインポートするには、最初に以下のリンクから.prf.xmlファイルをダウンロードします。 内部ストレージのどこにでも保存できます。 Taskerを開き、環境設定で初心者モードを無効にします。 次に、メイン画面に戻り、「プロファイル」を長押しします。 ポップアップにプロファイルを「インポート」するオプションが表示されます。 それをタップして、XMLファイルを保存した場所を参照し、インポートするファイルを選択します。 このプロファイルをインポートするには、引き続きAutoShareとAutoCastをセットアップする必要があります。また、特定のGoogle Homeを指すように、「AutoCast Best Guess」アクションの下の「Cast Device」も編集する必要があります。

AndroidFileHostから「Cast to Google Home」プロファイルをダウンロードしてください!

これがあなたのために働いたならば、我々に下のコメントで知らせてください!