独占:Googleは、デジタルウェルビーイングとペアレンタルコントロールをAndroid要件にしています

Google I / O 2018の最大のテーマの1つは、デジタルウェルネスの改善でした。 消費者はオンラインで過ごす時間が長すぎることに気付いたため、Googleや他のテクノロジー企業は、スマートフォンやソーシャルメディアへのアクセスを最小限に抑えるための新しいウェルネスツールで対応しました。 ユーザーがスマートフォンの使用を監視および制御できるように、Googleは当時の最新のAndroidバージョンであるAndroid 9 Pieで使用するDigital Wellbeingアプリケーションを作成しました。 当初、このアプリはPixelスマートフォンに限定されていましたが、他のAndroidデバイスで使用するためにGoogleがゆっくりと公開しました。 これで、GoogleはすべてのAndroidパートナーに、ペアレンタルコントロールが組み込まれたDigital Wellbeingソリューションをプリロードすることを要求していることがわかりました。

GoogleのDigital Wellbeingアプリには、スマートフォンの使用を制御するのに役立ついくつかの機能があります。 まず、ダッシュボードでは、携帯電話でアプリを使用した時間(画面時間)、各アプリを開いた回数(開いた時間)、各アプリから受け取った通知の数(通知)を監視できますダッシュボードには各オプションの棒グラフが表示され、曜日ごとにアプリの使用状況を比較できます。また、ダッシュボードからアプリタイマーを設定して、特定のアプリの毎日の使用を制限することもできます。 次に、Wind Down機能は、夜間に携帯電話を使用する衝動を軽減することで、スリープ状態に移行するのに役立ちます。 画面にグレースケールフィルターを適用し、夜間にサイレントモードを有効にすることでこれを実現します。 フォーカスモードを使用すると、携帯電話で特定のアプリの使用を一時的に停止できます。 最後に、ファミリーリンクの統合により、Googleのペアレンタルコントロールアプリに簡単にアクセスできます。

Android 10を実行しているOnePlus 7 Proのデジタルウェルビーイング

Pixelスマートフォン向けの限定リリースから数か月後、GoogleのDigital Wellbeingアプリは、HMD Globalの少数のAndroid Oneスマートフォンで利用可能になりました。 今年のモバイルワールドコングレスで、GoogleはMoto G7シリーズへのアプリの拡張を発表しました。 それ以来、ASUS、Realme、Razerなどの携帯電話でアプリが展開されるのを見てきました。 XiaomiのMIUIとHuaweiのEMUIには独自のデジタルウェルネスソリューションがあるため、これら2つのブランドのスマートフォンはGoogleのウェルネスアプリを統合しません。 今後、Googleのアプリとサービスが事前にインストールされているすべてのAndroidデバイス----基本的に中国以外で販売されているすべてのAndroidデバイス⁠には、すぐに使えるデジタルウェルビーイングソリューションとペアレンタルコントロールが必要です。 OEMはAndroidブランドを使用するためにGoogleとライセンス契約に署名する必要があり、Googleのアプリは基本的にデバイスを国際的に販売するために必要であるため、この新しい要件は事実上Digital Wellbeing and Parental controlをAndroid要件にします。

GoogleのGMS要件ドキュメントの最新バージョンのコピーを入手しました。 このドキュメントでは、OEMがGoogleモバイルサービス、Google Playストア、Google Play Servicesなどを含むGoogleのアプリとサービスのスイートをプリロードするためにGoogleの承認を得るためにAndroidスマートフォンとタブレットが満たす必要がある技術要件について詳しく説明します。 コピーの日付は2019年9月3日で、Android 10のソースコードが公開されたのと同じ日です。 このドキュメントのセクション3は「配置」と呼ばれ、Googleのアプリをデバイスに実装する方法を正確に説明しています。 たとえば、GoogleのコアGMSアプリ(検索、Chrome、Gmail、マップなど)は、デフォルトのホーム画面の「Google」というフォルダーに配置する必要があります。 サブセクション3.4では、各Googleアプリの「アプリ固有の要件」について詳しく説明します。最初の部分では、デジタルウェルビーイングおよびペアレンタルコントロールに関するGoogleの新しい要件を満たすためにOEMがしなければならないことについて説明します。

要約すると、Googleは、2019年9月3日以降にAndroid 9 PieまたはAndroid 10で起動するすべての新しいデバイスに、ウェルネスアプリとペアレンタルコントロール⁠—GoogleのDigital Wellbeing / Family Linkまたはカスタムソリューションが必要です。 この要件は、9月3日以降にAndroid 9 PieまたはAndroid 10にアップグレードするデバイスにも適用されます。 したがって、新しいデバイスやAndroid OSのアップグレードにウェルビーイングソリューションを追加するようにメーカーに依頼する必要はなくなりました。

ほとんどのOEMは、GoogleのDigital WellbeingおよびFamily Linkアプリケーションをプリロードすることでこの要件を満たしますが、XiaomiやHuaweiなどのブランドは、特定の要件を満たしている限り、カスタムソリューションを引き続き使用できます。 OEMの福利厚生ソリューションは、設定の最上位に配置し、ユーザーが自分自身または子供の福利厚生の設定を選択できるオンボーディング画面が必要です。また、ダッシュボード、ワインドダウンなど、Googleのソリューションと同じ基本機能が必要です。アプリタイマー。 ただし、Googleは、OEMソリューションでWebサイトタイマーやフォーカスモードなどの機能を追加することをオプションにしています。 興味深いことに、「オプション機能」リストには「スクリーンタイムの目標」が記載されていますが、これはまだGoogleのDigital Wellbeingアプリに追加されていない機能です。

GoogleがすべてのGMS認定デバイスにデジタルウェルビーイングとペアレンタルコントロールを義務付けていることを嬉しく思います。 多くのユーザーは、意志力だけでスマートフォンの使用を制御するのは簡単ですが、一部の人にとっては、特に子供を扱う場合に、このようなツールは間違いなく役立ちます。 Googleが起動時にアプリをPixelスマートフォンに限定するのは理にかなっていないが、少なくとも1年後には広く利用可能になっている。

複数のソースからの確証に基づいてこのドキュメントの信ity性を確認しましたが、確認のためにGoogleに連絡し、連絡があった場合はこの記事を更新します。