FireFireFire – Kindle Fire用のカスタムブートローダー

Amazin Kindle Fireは、非常に人気のある有能なデバイスであることが証明されています。 確かに、このデバイスの開発に不足はありません。その多くは、シニアメンバーstiffmast3rが投稿した非常に役立つスレッドにリストされています。

多くの人はすぐにカスタムROMとカーネルをで行われる開発のすべてとすべてと見なす傾向があり、デバイスのブートローダーはしばしば見落とされます。 しかし、これはKindle Fireセクションでは当てはまりません。 FireFireFireは、シニアメンバーpokey9000によって最初に開発されたカスタムブートローダーであり、ストックブートローダーよりも3つの方法で機能が強化されています。

  • デバイスの起動開始後に電源ボタンを押すだけで回復モードにアクセスできるため、面倒なボタンの組み合わせが不要になります。
  • また、デバイスの電源投入時にfastbootが自動的に有効になり、idmeブートモード、特別なケーブル、またはfastbootの実行ごとにストックブートローダーで必要なコマンドが不要になります。
  • また、FireFireFireを使用して、デバイスのメモリを再分割し、ReKindleと組み合わせて使用​​すると、ブリックデバイスを修正することもできます。 (ただし、この方法には、AdamOutlerスタイルでデバイスの内部をいじる必要があることに注意してください)

残念ながら、pokey9000はFireFireFireで動作していないようです。 ただし、変更は存続し、トーチはシニアメンバーのキンファウンに渡されました。 彼のバージョンには、オリジナルよりも好まれるいくつかの変更があります。つまり、異なるブートロゴと、ブート時間を5秒短縮する短いfastbootウィンドウです。

以下のリンクで両方のバージョンを見つけることができます。

  • 元の開発スレッド
  • キンファウンのV1.3