デスクトップ向けGoogle Chromeにリーダーモードがついに追加されます

Google Chromeは世界で最も人気のあるWebブラウザーですが、常にいくつかの便利な機能が欠けています。 実際、人気の最大の要因の1つは、機能することです。 他のブラウザーには何年も使用されてきた機能がいくつかありますが、Googleは遅れをとっています。 1つの良い例は、リーダーモードです。 長時間のセッション、または広告、自動再生ビデオ、JavaScriptスクリプト、ポップアップ、その他の恐ろしいものでいっぱいのWebサイトから何かを読み込もうとする場合に適しています。 読み取りモードでは、このコンテンツがすべて削除され、見出し、記事のコンテンツ、画像など、実際に重要なものに焦点が当てられます。 ZDNetは、読書モードが間もなくGoogle Chromeの一部になることを発見しました。

この機能は、今日のChrome Canaryビルドで既に公開されています。 リーダーモードの使用を開始するには、Chrome Canaryをダウンロードし、 chrome:// flags /#enable-reader-modeに移動して、選択したフラグを有効にし、下部のボタンをクリックしてChromeを再起動します。 以下のスクリーンショットでは、リーダーモードを有効にした後、当社のWebサイトの記事がどのように見えるかを確認できます。 私が述べたように、それはウェブサイトの実際のコンテンツに焦点を合わせています。 リーダーモードを切り替えるには、Chromeのドロップダウンメニュー(右上隅にある3つのドット)をクリックし、[ページの蒸留]を選択します。

現時点では、この機能がいつGoogle Chromeのベータ版または安定したチャンネルになるかはわかりません。 これは読み取りモードのアルファ版であり、将来変更される場合と変更されない場合があることに留意してください。 正直に言って、この機能はかなり安定しており、瞬く間にWebサイトを変換するため、この機能には非常に驚かされます。 この種のパフォーマンスにより、Google Chromeの安定版ですぐに読書モードが表示される可能性があると信じています。


ソース:ZDNet