サムスンは新しいインフィニティディスプレイでノッチを採用

ディスプレイの「ノッチ」トレンドを軽deする人々にとって、サムスンは希望の光でした。 他のほぼすべてのAndroidメーカーが議論の余地のあるディスプレイの切り欠きを採用しているにもかかわらず、サムスンはノッチフリーを維持しています。 同社がノッチを備えたいくつかの新しいインフィニティディスプレイを披露したため、状況は変化しているようです。

サムスンは本日、開発者会議で多くを披露しました。 長い間噂されていた折り畳み式の携帯電話がついに披露され、「One UI」によるAndroid Pieアップデートが公式になりました。 折り畳み式ディスプレイのセットアップ中に、同社は大画面で今後のディスプレイをいくつか見せました。 ご覧のように、Samsungはノッチの影響を受けません。

ディスプレイはすべて、ノッチ/カットアウト形状にちなんで名前が付けられています。 Infinity U、Infinity V、およびInfinityO。ノッチのない「New Infinity」もあり、折りたたみ可能なディスプレイはInfinity Flexと呼ばれます。 最初の2つにはかなり標準的なノッチがありますが、「V」字型のノッチは見たことがありません。 Infinity Oはノッチよりもカットアウトのようなもので、LGの特許を見てきました。

サムスンがいつこれらのディスプレイを搭載したデバイスをリリースするかはわかりませんが、サムスンでさえトレンドから逃れられないことがわかります。 現状では、ノッチは、すべての側面にスリムなベゼルを備えた電話機を作成するための最良の方法です。 気に入らない場合は、もう少し待ってください。