LineageOS 15.1で利用可能なAddonSUパッケージ

LineageOSは最も「商業的」なカスタムROMの1つであるため、ユーザーの安全性とプロフェッショナリズムのためにいくつかの手順が講じられており、その1つはデフォルトでルートアクセスを無効にすることです。 LineageOSの公式ビルドには、事前に有効化されたルートアクセスが含まれていません。また、開発者は、カーネルイメージを変更することでGoogleが課すSafetyNetの制限を回避しないと述べています。 MagiskまたはSuperSUをフラッシュしても問題はありませんが、両方とも可能な限り多くのカスタムROMおよびデバイスで動作することを目指したソリューションです。 ユーザーに選択の幅を広げ、潜在的に安定性を高めるため、LineageOS 15.1でAddonSUパッケージが利用可能になり、ルートアクセスが可能になりました。

AddonSUは、LineageOSベースのROMでのみフラッシュできます。 公式にサポートされている方法で、お使いの電話機でルートアクセスを有効にするだけです。 さらに、ARMおよびARM64パッケージがあるため、デバイスアーキテクチャの削除zipをフラッシュするだけでAddonSUパッケージを削除するために使用できるzipファイルもあります。 これは、公式の方法で電話機をルート化できることを意味するだけでなく、理論的には、カスタムのROM開発者がLineageOSの非公式ビルドにルートアクセスをパッケージ化できます。 これにより、ルートアクセスが必要な場合にMagiskまたはSuperSUを使用する必要がなくなります。

このルートソリューションは、SafetyNetを渡すことができないため、多くの人が興味を持つものではありませんが、フラッシュするのが便利であり、公式ビルドでの動作も保証されています。 別のユースケースは、何らかの理由でMagiskを使用できないデバイスを使用している場合です。 AddonSUを試してみたい場合は、以下のリンクをチェックして、デバイスのアーキテクチャに適したパッケージを見つけてください。


LineageOS 15.1用のAddonSUをダウンロードします