日本のキャリアは、どのソニーのXperiaスマートフォンがAndroid 10を入手しているかを明らかにします

ソニーはかつて最高のAndroidデバイスメーカーでしたが、同社のスマートフォン部門(Sony Mobile)の方が好調です。 長年の売上と市場シェアの減少の後、同社は2019年にスマートフォン部門を縮小しました。ソニーは、インド、北米、南米の市場に「焦点を合わせる」ことを選択しました。 代わりに、ソニーの重点地域は現在、日本、台湾、ヨーロッパ、香港です。 今年、同社はフラッグシップのSony Xperia 1、コンパクトなフラッグシップのSony Xperia 5、およびミッドレンジのSony Xperia 10およびXperia 10 Plus(レビュー)を発売しました。 その最新の携帯電話の発売は、非常にローエンドの仕様を持っていた日本のXperia 8でした。 同社の人気は、XiaomiやOnePlusなどの中国のデバイスメーカーに匹敵することを期待することはできませんが、ソニーは依然として自身をプレミアムデバイスメーカーと見なしています。 同社の携帯電話は、MIUIなどの本格的なカスタムユーザーインターフェイスを実行する代わりに、スキンの薄いバージョンのAndroidで実行されるため、ユーザーはAndroid 10の更新プログラムのロールアウトに関する詳細を期待しています。 さて、日本のキャリアNTTドコモは、ソニーの最近のスマートフォン向けのAndroid 10アップデート計画を明らかにしました。

ソニーはAndroid 10のアップデートに関して公式には何も公表していないことに注意してください。また、展開の詳細は、携帯電話の世界的なバリエーションによって異なる可能性があります。 DoCoMoが投稿したリストには、次のSonyデバイスが含まれています。

Sony Xperia XZ2 Premium

ソニーXperia 1

  • ソニーXperia XZ2
  • Sony Xperia XZ2 Compact
  • ソニーXperia XZ2プレミア
  • ソニーXperia XZ3
  • ソニーXperia 1
  • ソニーXperia 5
  • ソニーXperia Ace

Android 10アップデートリストは、2018年と2019年のSonyの発売のほとんどをカバーしています。特に、Xperia 10とXperia 10 Plusは欠落していますが、電話はDoCoMoによって販売されていません。 同様に、新しく発売されたXperia 8は、DoCoMoではなくY!mobileによって提供されています。 Sony Xperia Aceは、コンパクトな5インチSnapdragon 630搭載の携帯電話で、DoCoMoが独占的に提供しています。 今年5月に発売されました。

Xperia XZ2シリーズは、Android 8.0 Oreoで発売されました。つまり、業界の期待に沿って、2つの完全なAndroidバージョンのアップデートが提供されます。 Xperia XZ3、Xperia 1、およびXperia 5は、そのままAndroid 9 Pieで起動しました。 Sony Xperia XZ PremiumおよびSony Xperia XZ1 / Xperia XZ1 Compactは、リストに顕著に含まれていません。 特に、Xperia XZ1とXperia XZ1 Compactは両方ともAndroid 8.0で起動し、Android 9 Pieのアップデートを受け取りました。 これらの携帯電話はAndroid 10のアップデートを受け取ることを意図したものではないようです。つまり、ライフサイクルでAndroidバージョンのアップデートを1つしか受け取っていないようです。 これは、1年間のソフトウェアサポートに相当します。 これらの携帯電話は、2017年後半のフラッグシップリリースでした。Sonyからの期待は非常に残念です。

ソニーは、今後数週間のうちに、グローバルな亜種向けのAndroid 10アップデートロールアウトに関する詳細をリリースする予定です。

出典: NTT DoCoMo

経由: GSMArena