Maru OSはChromecast経由でGoogle Nexus 5Xにワイヤレスデスクトップストリーミングを提供します

多くのチームがAndroid OSをデスクトップ環境で使用できるようにすることに取り組んでいます。 人々がスマートフォンをPCに接続して、あたかもデスクトップであるかのようにソフトウェアを使用できるようにするデバイスを持っている大金OEMもあります。 おそらくサムスンのDeX機能を考えているでしょうが、この機能はカスタムROMマル(一部のデバイス)で長年使用されてきました。 この特定のプロジェクトの背後にいる人々は、丸のバージョン0.6(沖縄と呼ばれる)を発表したばかりで、Chromecastテクノロジーを使用してNexus 5Xにワイヤレスデスクトップストリーミング機能を追加します。

このROMについては何度も取り上げてきましたが、プロジェクトには大きな可能性がありましたが、チームは小さく、ROMと互換性のあるデバイスの数は限られています。 ROMの最後の新しいリリースからしばらく経ちましたが、バージョン0.6がここにあり、それに伴って多くの大きな変更があります。 このアップデートにより、Maru OSがAndroid Marshmallow(6.0.1)からAndroid Oreo(8.1.0)になり、それ自体が大きな飛躍となりました。 それだけでなく、彼らはバニラAOSPからLineageOSのカスタムでスリム化されたバージョンに移行しました。

MaruはデスクトップソフトウェアとしてDebianを使用しており、このアップデートではバージョン8のJessieからバージョン9のStretchに移行しています。 前述のとおり、マルはChromecastを介したワイヤレスデスクトップストリーミングをサポートしています。 動的な入力切り替え機能により、(キーボードとマウスを使用するための)入力処理が向上します(USB-OTGを介してUSBキーボードとマウスもサポートします)。 最後に、新しい更新プログラムは、Maru Desktopがデバイスで使用可能なすべてのCPUコアを完全に使用することを妨げていた長年のバグを修正します。

つまり、ユーザーは、マルチスレッドワークロードのパフォーマンスが大幅に向上し、複数のプロセスを実行しているときの応答性が向上するはずです。 これはすべて、ROMでのユーザーエクスペリエンスの向上に相当し、開発者がMaruがほぼすべてのAndroidデバイスをサポートできるようにするための基盤を築くことができます。


Via:Liliputing出典:Maru