Realme 1を含むすべてのRealme電話には同じソフトウェアが搭載されます。RealmeCEOのMadhav Sheth

Realmeは、2018年5月に最初のデバイスを発売したとき、インドで控えめなデビューを果たしました。正式にOPPO Realme 1と呼ばれた彼らの最初のスマートフォンは、既に高い飽和状態にあるインドの予算のスマートフォンセグメントに高い価値をもたらしました。 Realme 1の40万台をわずか40日間で販売したことで、Realmeは独立した事業体としてスピンオフする自信を得ました。 現在、10台以上のデバイスと5つの異なるシリーズがすでに市場に出回っているCEOのMadhav Sheth氏は、同社が1, 000万人のアクティブな顧客にサービスを提供しており、今年末までにその数値を1500万人に引き上げることを目指しています。 これらの目標を達成するために、彼らは2つの大きな進歩に取り組んでいます。RealmeXTと呼ばれる64MPカメラのスマートフォンと、独自のカスタムAndroidスキンであるRealmeOSです。

現在、Realmeのスマートフォンは、そのデバイス用のOPPOのカスタムUIであるColorOSを実行しています。 同社は若い顧客の期待に応えるためにインターフェースに若干の変更を加えましたが、Realmeの若い消費者が要求する、よりクリーンでよりスピーディーなユーザーエクスペリエンスの要件を十分に満たしていません。 これらの期待を満たすために、彼らは現在RealmeOSを構築しています。これはRealmeデバイス専用です。

RealOSデバイス専用のColorOS 6で利用可能な変更

インドのニューデリーで行われたRealme 5シリーズの発売に際し、Madhav Sheth氏と話をして、新しいインターフェースに関する会社の抱負について詳しく学びました。 Sheth氏によると、RealmeOSはまだ構想段階にあり、プロジェクトに関して彼と共有できる情報は限られています。

Realmeのポートフォリオは多様であり、Sheth氏はRealmeが「[R] 20kの 下で単一のデバイスに分類されるミレニアル世代であるTG [ターゲットグループ] 全体を 所有することはできません すべてのユーザーは、デバイスから異なる期待を持っています。

ただし、これらすべての期待が一致するのは、ソフトウェアエクスペリエンスの点です。 Realmeは、ColorOS 6をすべてのデバイスに搭載するよう努めており、ColorOS 5で起動された古いデバイスはすべて、意図したアップデートをすでに受け取っています。 ColorOS 6はRealme 1 / U1 / 2 Proですでに利用可能ですが、ColorOS 6ベータ版はRealme 2 / C1.Mrで利用可能です。 Shethは、同じことがすべてのRealmeスマートフォンの哲学になると語った。

RealmeOSについて語る–警戒すべき「if」はありますが、CEOは「 もしOSがあれば、すべてのデバイスは同じものになるでしょう。 [Realme] 1から最後 のデバイスまでのすべてのデバイス が起動します。 それは非常に明確です。

また、洗練されたクイック起動トグル、パスワードまたは指紋で保護されたアプリボールト、テザー接続の速度を制限するホットスポット管理オプションなど、Realme 5 Proに新しいソフトウェア機能を導入しました。 Sheth氏は、これらの機能がOTAを介して古いデバイスでも利用できるようにしました。

「基本的にこれに固執することはありません。特定のデバイスは特定の機能のみを取得します。 Rs 5, 000電話からのすべての機能は、Rs 30, 000電話に上がり、誰もがそれらの機能を楽しむことができます。 価格ポイントに従って機能を分類することはありません。 」

Realme、CEO、Madhav Sheth氏

実際、私たちだけでなく、Realmeユーザーのコミュニティにとっても、Realmeから楽観的な見方を得ることができます。 しかし同時に、シェス氏はRealmeOSが最終化にはほど遠いことを繰り返し続け、秘密プロジェクトに関する重要な詳細を共有することを控えました。 一方、Rs 30, 000の価格設定に関する彼の発言は、Realme XTの暫定的な価格設定を示している可能性があります。

新しいUIの基礎を構築する背後にある思考プロセスは、困難かつ網羅的である可能性があることを理解しています。 この点に関して、Realmeにアップデートを継続して依頼するようにします。 それまでは、RealmeOSに期待することをお気軽にご連絡ください。これらを会社に伝えます。

この記事の引用は、わかりやすくするために軽く編集されており、変更は角括弧で明確に言及されています。

注目画像は作成者によって作成されたものであり、実際のロゴを表すものではありません。