ChromebookでAndroidサブシステムをルート化することは可能です

Chrome OSは、数年前にAndroidアプリのサポートを得ました。 したがって、Chromebookには機能するAndroidサブシステムがあり、Androidアプリを実行したり、ADBシェルを実行したりできます(これは、ChromebookでLinuxアプリを実行できる新しい機能とは別です)。Androidの最も有名な特徴の1つは、ユーザーが/ systemに完全にアクセスできるようにルート化されます。 Githubのarocプロジェクトのおかげで、ChromebookでAndroidサブシステムをルート化することも可能です。

開発者noliriumによるarocプロジェクトは、Chrome OSにAndroidルートをもたらします。 これは、Chrome OSシェルスクリプトを提供して、AndroidコンテナーのR / Wコピーを作成し、その中にsuをコピーすることによりこれを行います。 つまり、ルートアプリはChromebookのAndroidサブシステムで動作するようになり、Xposedも動作するようになりました。

開発者は、スクリプトがChrome OSバージョン54〜67でテストされていることに注意しています。 スクリプトを実行するための前提条件は次のとおりです。

  • / usr / localに〜2GBのファイル用のストレージスペースがあるAndroidアプリをサポートするChrome OSデバイス。 デバイスは開発者モードでなければなりません。 また、Chrome OSシステムパーティションを書き込み可能にする必要があります。つまり、rootfs検証を無効にする必要があります。
  • 次のコマンドを実行してから再起動することにより、Rootfsのバーティフィケーションを無効にできます。
 sudo /usr/share/vboot/bin/make_dev_ssd.sh --remove_rootfs_verification --partitions $(( $(rootdev -s | sed -r 's/.*(.)$/\1/') - 1)) 

スクリプトを実行する手順

ユーザーは、必要なファイルを自動ダウンロードして抽出するChrome OSシェルで結合スクリプトを実行する必要があります。 スクリプトの実行後に再起動する必要があります。

 curl -Ls //raw.githubusercontent.com/nolirium/aroc/onescript/RootandSEpatch.sh | sudo sh 

その後、ユーザーは再起動し、ルートチェッカーなどのアプリを開いてルートの存在を確認する必要があります。 組み合わされたスクリプトが機能しない場合、スクリプト1およびスクリプト2を実行するコマンドを手動で実行できます。この場合、スクリプト1の実行後およびスクリプト2の実行後に再起動が必要です。

 curl -Ls //raw.githubusercontent.com/nolirium/aroc/master/01Root.sh | sudo sh 
 curl -Ls //raw.githubusercontent.com/nolirium/aroc/master/02SEPatch.sh | sudo sh 

開発者は、Chrome OSバージョンへの更新により、スクリプトによって実行されるものを含むrootfsのカスタマイズが通常上書きされることに注意します。 SuperSU GUIアプリ内からsuバイナリを更新することもできません。

スクリプトの現在のバージョンは、元のAndroidシステムイメージをシンボリックリンクに置き換えます。 ユーザーが元の(ルート化されていない)イメージに戻す必要がある場合は、手動でバックアップを復元する(開発者によると最も簡単なオプション)か、チャネル変更などの更新を強制するか、USBから復元する必要があります。

ユーザーはここで開発者の手順を参照して、このスクリプトを使用してChrome OSにXposedをインストールできます。


ソース:noliriumのGithubソース2:開発者のブログ