Amazon Fire OSのウィジェットでカスタムランチャーを使用する方法

AmazonのFire OSは、Androidバックボーンを備えていることを除けば、ストックAndroidやMIUIやSamsung Experienceなどのヘビースキンとはまったく異なる獣と見なすことができます。 彼らは、オープンソースのAndroidプラットフォームに基づいて独自のOSを作り、すべてのGoogle Playサービスや認定から完全に独立したまま、独自のAmazonサービスを優先することを目指しました。 しかし、それはまだAndroidをベースにしているため、ハイテクに精通したユーザーはFire OSプラットフォームを利用して自分の意志でカスタマイズすることができました。 本日、 ルートを必要せずにAmazon Fire OSデバイスで必要な ランチャーを(ウィジェットをサポートして)簡単にセットアップする方法をお教えします! ほとんどのチュートリアルと同様に、Android Debug Bridgeへのアクセスが必要です。


ルートなしでFire OSのウィジェットでカスタムランチャーを使用する

パート1 –カスタムランチャーのセットアップ

開始する前に、先ほど述べたように、ADBをセットアップする必要があります。 まだ実行していない場合は、このチュートリアルを参照してデバイスに設定してください。 現時点では必要ありませんが、事前に用意しておくと便利です。 それが完了したら、フォーラムで利用可能なランチャーハイジャックツールが必要になります。 このツールは、parrotgeek1の元のコードに基づいてメンバーBaronKikoによって作成されたため、すべてのクレジットはこれらの開発者の両方に割り当てられます!

このツールは、Amazon電話またはタブレットのアクセシビリティ設定を利用して適切に機能するため、[設定]> [アクセシビリティ]> [ホームボタンの押下を検出する]で正しく設定されていることを確認してください。 また、ランチャーでデフォルトとして設定する必要がないことを確認してください。 つまり、Nova LauncherやEvie Launcherなどのランチャーを使用できますが、Google Nowランチャーやデフォルトにする必要のあるその他のランチャーは使用できません。

パート2 –カスタムウィジェットサポートの取得

これで、ホームボタンを押すと、カスタムランチャーが動作するようになります。 ただし、そのランチャーでウィジェットを使用するにはどうすればよいですか? 通常、これを行うにはrootが必要ですが、幸いなことに、ADBの魔法を使用して正しくセットアップすることができます。 これが、以前にセットアップした理由です。 この方法は、Amazon FireフォーラムでシニアメンバーDragonFire1024によって発見されました。

まず、ルート/パーティションをサポートするファイルエクスプローラーを起動します(読み取り専用のシステムパーティションを確認しているため、rootを使用する必要はありません)。 フォーラムから無料の素晴らしいMiXplorerをお勧めします。

したがって、たとえば、Nova Launcherのコマンドは次のようになります。

 appwidget grantbind --package com.teslacoilsw.launcher --user 0 

上記のコマンドが機能しない場合は、次のコマンドを使用します。

 appwidget grantbind --package --user current 

Fire OSのサードパーティランチャーでのウィジェットのサポート。 クレジット:シニアメンバーDragonFire1024

できた! これで、選択したランチャーにお気に入りのウィジェットを追加できます。


説明

とても簡単です。 実際にランチャーをお好みに置き換えたり、デフォルトのランチャーとしてカスタムランチャーを設定したりすることができるストックAndroid(またはほぼすべてのAndroidスキン)とは異なり、Amazonホーム画面は唯一のシステム全体のアプリとして機能するように作られましたAmazon Fire OSのランチャー。iOSの機能と非常に似ています。 少なくとも従来の方法を使用しない限り、それを置き換えることはできません。

ただし、アクセシビリティ設定(アプリがホームボタンの押下をインターセプトできるようにする)を活用し、Amazon Fire OSでホームボタンの押下をインターセプトし、独自のサードパーティランチャーを開く中間アプリ(ハイジャックランチャー)を設定できますホームボタンが押されています。 これにより、選択したランチャーがデフォルトのランチャーになるわけではありませんが、このソリューションはまったく問題なく動作します。 次に、実行するスクリプトを使用してappwidgetバイナリにアクセスし、サードパーティアプリにウィジェットをバインドするために必要な権限を付与できます。 通常、ランチャーがデフォルトのランチャーとして設定されている場合、これは簡単に実行できます。 しかし、rootなしではFire OSのデフォルトのランチャーを実際に変更できないため、これらのコマンドはその問題を回避します。

Amazon Fire OSデバイスは、そのカスタマイズについてはあまりよく知られていませんが、フォーラムで積極的なユーザーが利用可能なものを最大限に活用することを止めていません。 Amazon Fireフォーラムをチェックして、デバイスに関する最新の開発情報を入手してください。