Googleマップ、YouTube、Google Chromeに新しいプライバシー機能が追加されます

今年の初めにGoogle I / O 2019で、同社は、ユーザーがデータをよりよく理解して管理できるようにするために、多くの追加のプライバシーおよびセキュリティツールを紹介しました。 Googleは、すべての主要製品からGoogleアカウントへのワンタップアクセス、Webおよびアプリアクティビティの自動削除機能などの機能を導入し、そのアプリの多くにシークレットモードを提供することを約束しました。 Googleはその約束を尊重し、Googleマップ、YouTube、Google Chromeの新しいプライバシー機能を展開しています。

同社の最近のブログ投稿によると、これらの新しいプライバシー機能には、Googleマップのシークレットモード、YouTubeの自動削除アクティビティコントロール、Chromeのパスワードマネージャーの更新が含まれます。

Googleマップのシークレットモード

Googleマップの新しいシークレットモードは先月荒野で発見されましたが、YouTubeやChromeで見られるものとまったく同じように機能します。 基本的に、Googleが特定のデバイスでマップアクティビティを記録するのを防ぎます。 下のGIFに見られるように、シークレットモードを有効にするには、プロフィール画像をタップして、次のメニューから選択します。

モードがオンになると、Googleはその特定のデバイスでのアクティビティを使用してマップエクスペリエンスをカスタマイズしません。 カスタマイズされた推奨事項と通勤に関する情報を使用してパーソナライズされたエクスペリエンスに戻るには、同じメニューからオフにする必要があります。 シークレットモードは今月AndroidのMapsに移行しますが、iOSはその後間もなく公開されます。

プライバシーのためにYouTube履歴を自動削除

今年初めにデビューしたロケーション履歴とウェブとアプリのアクティビティの自動削除機能は、現在YouTubeに移行しています。 この新機能を使用すると、3〜18か月後にYouTube履歴を自動的に削除できます。

この機能は既に公開されており、YouTubeの[マイアクティビティ]ページに移動して期間を設定できます。 設定を保存すると、指定された時間が経過するとYouTubeが自動的に履歴を消去します。

Google Chromeのパスワードチェック

Chromeのパスワードマネージャーは、すべての固有のパスワードを1か所で安全に保持できる便利なツールです。 しかし、新しいパスワードチェック機能が追加され、パスワードの脆弱性、さまざまなWebサイトでパスワードを再利用したかどうか、または公開データ侵害で侵害されたかどうかがわかります。

新しい機能はライブであり、パスワードマネージャー内で見つけることができます。 保存したパスワードを確認するには、上部の[パスワードの確認]オプションをクリックするだけです。 次に、Googleはアカウントの資格情報を要求して、それが本人であることを確認します。これが完了すると、保存されているすべてのパスワードの詳細なプライバシーレポートが表示されます。

アシスタントのプライバシーコマンド

前述の機能以外に、ブログ投稿では、Google Assistantの新しいプライバシー中心のコマンドについても取り上げています。 これらのコマンドを使用すると、Googleアカウントからアシスタントアクティビティを簡単に削除できます。 新しいプライバシーコマンドは、来週には英語で、来月には他のすべての言語で公開される予定です。

この機能が有効になると、ユーザーは「 Hey Google、最後に言ったことを削除する 」または「 Hey Google、先週言ったことをすべて削除する 」などのことを言うことができ、アシスタントは対応するアクティビティを自動的に削除します。 ただし、1週間以上のデータを削除するようにアシスタントに依頼した場合、アカウント設定のページにリダイレクトされ、さらに先に進みます。


出典:Google