YouTube Musicでは、Google Playミュージックなどの独自の曲をアップロードできます

Googleは先週、改良されたYouTube Musicサービスを発表しました。 広告でサポートされる無料利用枠と有料の「プレミアム」利用枠があります。 当然のことながら、Google Playミュージックのユーザーは、この新しいサービスがユーザーにどのような影響を与えるのか疑問に思っています。 Googleは、Playミュージックの将来に関する情報を徐々に共有しています。

The Vergeによると、GoogleはYouTube MusicがPlay Musicの主要な機能をすべて利用できることを確認しました。 これには、コレクションに音楽をアップロードする機能が含まれます。 Amazonは最近同様の機能を廃止したため、Play Musicはローカル音楽をアップロード(無料)したり、他のデバイスでストリーミング(無料)したりできる数少ない場所の1つです。 したがって、これはPlay Musicユーザーにとって非常に重要な機能です。

Googleは、当面はPlay Musicに何も起こらないとすでに言っていました。 現在の登録者は、YouTube Music PremiumおよびYouTube Premium(以前のYouTube Red)を自動的に取得します。 YouTubeの音楽責任者は、アップロードされたコレクション、プレイリスト、設定はYouTube Musicに移行されると述べました。 しかし、音楽をアップロードする機能についてはまだ不確かでした。 Google Playミュージックでは、ユーザーが最大50, 000曲を無料でアップロードできます。これは驚くべきことです。

YouTube Musicのロールアウトは非常に遅かったが、少なくともGoogle Playミュージックのすべての最高の機能が最終的に新しいサービスに移行することはわかっている。 とりあえず、Play Musicの頑固者が切り替えを行う理由はありません。


ソース:The Verge