最新のTaskerおよびJoinベータ版は、Android 10でクリップボード監視を復活させます

今年1月、Android 10 / Qがバックグラウンドで実行されているアプリへのクリップボードアクセスをブロックすることを検討している可能性があることを学びました。 3月にAndroid 10ベータ版を初めて入手したとき、同じことが確認されました。 これは、正常に機能するためにクリップボードデータへのアクセスを必要とするクリップボードマネージャーの終わりを意味します。 この変更は確かにセキュリティにとって大きな勝利でしたが、多くのサードパーティ開発者を傷つけました。 現在、TaskerとJoinの背後にいる開発者は、Android 10でクリップボードの監視を取り戻すための回避策を見つけたようです。

開発者u / joaomgcdは、アプリの最新のベータアップデートを強調するRedditの別の投稿で、Android 10でクリップボードモニタリングが機能する修正を正常に実装したことを明らかにしました。修正はTaskerバージョン5.9.beta.2に含まれています。バージョン2.2.betaに参加すると、両方のアプリがバックグラウンドで実行中にクリップボードのデータにアクセスできるようになります。 開発者は、Joinでクリップボードの監視を有効にできる方法を強調したビデオも公開しています。

ユーザーからのコメントは、回避策が意図したとおりに機能していることを示唆しています。 ただし、電話機でこの機能を使用しようとすると、予期しない問題が発生する場合があります。 修正以外に、Taskerの最新のベータアップデートでは、アプリに他の多くの変更も加えられています。

Tasker v5.9.beta.2のすべての新機能の完全な変更ログは次のとおりです。

  • Android 8以降のメディアボタンの状態を修正
  • アシスタントの設定アクションを追加:携帯電話のアシスタントを設定します(Google、AutoVoice、Taskerなど)
  • Android 10のクリップボード関連機能を修正
  • Taskerを常にアシスタントの選択肢として表示し、アシスタントとして使用する場合は、使用方法をユーザーに説明します
  • 新しいプロファイルを作成するとき、デフォルトで復元設定が無効になりました
  • システムUIのダークモードが有効になっている場合、自動テーマを(ダークではなく)ブラックに変更
  • Android 10の入力メソッド選択アクションを修正
  • 新しいバージョンのTaskerを必要とするTaskernetからのものをインポートするときの判読できないエラーメッセージを修正
  • 必要に応じて他のアプリの描画許可を求めるように修正
  • Android Autoの実行中にダークモードが有効になっている場合に携帯電話がスリープ状態になることを修正
  • ユーザーが手動で値を入力した場合、任意の垂直オフセットでシーンを表示できます
  • マップ要素のあるシーンを破壊するときに時々クラッシュする問題を修正
  • プロファイルをインポートすると、別の無効なプロファイルが有効になる場合があるバグを修正しました
  • メディアコントロールアクションで[利用可能な場合は通知を使用する]オプションを有効にするときに、通知アクセス許可を要求する
  • Pixelユーザーが電話を絞ってTaskerをアシスタントとして呼び出すことができるというリマインダーを追加
  • タスカー>メニュー>その他> Android設定にアシスタント設定を追加
  • Cell Near条件をより確実に機能させる
  • バックグラウンドサービスの検出をより多くのデバイスで動作させる
  • NFCアクションをより確実に機能させる
  • 小さなクラッシュの修正

出典:Reddit(1)、(2)