OnePlusは、「ダッシュチャージ」のブランド変更の可能性として商標「ワープチャージ」に

OnePlus 6のリリース時には、OnePlusは「ダッシュチャージ」という言葉を使用して独自の高速充電の実装に対処することを不思議と慎重に避けていました。 また、その頃のOxygenOS Open Betasは「Dash Charge」という用語を「急速充電」に置き換え、いくつかの地域のオンラインストアはDash Chargeケーブルを高速充電ケーブルと呼び始めました。

後にOnePlusは、EUでの商標出願が拒否されたため、「ダッシュチャージ」という用語の廃止を開始したことが判明しました。 OnePlusの「Dash Charge」はBragiの「The Dash Pro」およびAmazonの「Dash Replenishment」に類似していると判断され、これらの既存の商標の結果、OnePlusはEUで「Dash Charge」商標を所有できませんでした。

OnePlusのその段階での代替手段は、高速充電の実装をよりユニークなものに単純にブランド変更することでした。 EUでの最近の商標出願は、OnePlusがリブランドの可能性として「 Warp Charge 」に決着したことを示しています。

「ワープチャージ」の申請は、欧州連合知的財産局(EUIPO)で行われ、9のニースクラスに分類されます。ニース分類システムは、商標の対象となる商品またはサービスの種類に関する一般情報を提供します。 。 ニースのクラス9では、「 電気用の器具、器具、ケーブル 」を扱います。 OnePlusのアプリケーションは、「 データケーブル; 電源アダプター; 携帯電話のバッテリー充電器; 電気アダプター; バッテリー、電気; バッテリー用充電器; ワイヤレス充電器 不思議なことに、OnePlusは、おそらく将来のデバイスに備えて、その商標出願で使用できるように規定されているにもかかわらず、ワイヤレス充電器を現在販売していません。

Warp Charge商標の申請は、当局によって「審査中」とマークされています。 OnePlusは、商標が承認された場合にのみブランド名の保護を取得します。したがって、規制当局の承認が得られた場合、公式の発表とその後の使用が期待できます。

出典:EUIPO Story Via:Mobielkopen