Android Qベータ5では、サードパーティのランチャーでジェスチャーナビゲーションを使用できません

Googleは最初にAndroid 9 Pieでジェスチャナビゲーションを導入し、現在は2ボタンナビゲーションと呼ばれています。 Android Qベータ2では、ジェスチャがより滑らかになり、占有スペースが小さくなるようにジェスチャーが刷新されました。 おそらくiPhoneに似たAndroid Qの新しいジェスチャーは、Android Pieのジェスチャーよりも大幅に改善されていますが、まだ改善が必要です。 次期Qベータ5リリースで、Googleはナビゲーションドロワーのジェスチャ動作を変更することを確認しましたが、初期のリークでは、新しいアシスタントジェスチャヒントとアニメーション、およびバック感度オプションがあることも示されています。

これで、Android Qベータ5がジェスチャーナビゲーションをどのように変更するかについての詳細情報が得られました。 新しいアシスタントジェスチャの変更をリークした同じRedditorは、サードパーティランチャーがジェスチャナビゲーションと互換性がないことも確認しました。 これは、サードパーティのランチャーのジェスチャサポートが常に少し不安定であったことを考えると、当然のことです。 Android 9 Pie以降、最近のアプリコンポーネントはデフォルトのシステムランチャーに統合されています。 Android Qの新しいジェスチャバーにより、最近のアプリの概要でアプリの切り替えが非常にスムーズになりましたが、これにより、Qベータ3以降、サードパーティランチャーのサポートがさらにバグになりました。デフォルトのランチャーはサードパーティアプリに変更されます。

/ u / Charizarlslieが投稿した上記のスクリーンショットは、ジェスチャーナビゲーションを有効にしてデフォルトのランチャーを変更しようとするとどうなるかを示しています。 デフォルトのランチャーが変更されると、ナビゲーションスタイルは強制的に3ボタンナビゲーションに戻り、ジェスチャーナビゲーションオプションにアクセスできなくなります。 Qベータ5のSystemUI APKを調べ、デフォルトのランチャーが非システムアプリに切り替わったときにNavigationModeControllerクラスにジェスチャーコントロールを無効にするメソッドが追加されたことを確認しました。

興味深いことに、次のADBコマンドを発行することにより、サードパーティのランチャーがデフォルトになったときに強制的にジェスチャーコントロールを有効にすることができます。

 adb shell cmd overlay enable com.android.internal.systemui.navbar.gestural 

これは、3つのジェスチャーオプションがすべてオーバーレイで切り替えられるため、ユーザーがオーバーレイを手動で有効にすることをGoogleが予測していなかったためです。


Androidアプリケーション用のプロフェッショナルグレードのリバースエンジニアリングツールであるJEB Decompilerの使用ライセンスを提供してくれたPNF Softwareに感謝します。