Chainfireは、/ systemを変更せずにAndroid 6.0のルートをリリースします

デバイスをルート化したことがある場合は、Chainfire、Senior Moderator、Senior Recognized Developerのことを聞いたことがあるかもしれません。 そうでない場合、ChainfireはSuperSU、CF Auto Root、TriangleAway、CF.lumenなどの人気作品の開発者であり、Android改造コミュニティで最も影響力のある開発者の1人になっています。

私たちは最近、SuperSUをCoding Code Mobile Technology LLC(CCMT)に引き渡すというChainfireの決定について報告しましたが、ChainfireはSuperSUを継続し、最終的には2年間で段階的に廃止することに注意しました。

彼の言葉通り、ChainfireはまだSuperSUに関与しており、/ systemパーティションを変更せずにAndroid 6.0 Marshmallowのルートをリリースしたばかりです。 その背景にあるアイデアにはいくつかの警告があり、その主なものはデバイスを工場出荷時の状態にリセットするとルートが削除されるため、これは実験としてラベル付けされています。

最新のAndroidバージョンでrootになるには、ファイルを実行可能にし、デーモンをブート時に開始する必要があります。 通常、これを行うには、/ systemを変更し、initによって実行されるバイナリとスクリプトを利用します。 ブートイメージも変更する場合は、システムをまったく変更せずにこれをすべて実行できるはずです。

それでは、システムレスルートからどのようなメリットを期待できますか? Chainfireに連絡しましたが、これには従来のSuperSUに対する利点が含まれます。

  1. よりクリーンなアプローチと設計
  2. 簡単なルート解除
  3. 整理されていない/ systemパーティション
  4. Android 6.0マシュマロでは不要な「スゴート」などを除外
  5. 通常、ブートイメージの再フラッシュは/ system全体の再フラッシュよりも面倒なので、OTAの方がやや簡単になりました。
  6. 最も重要なことは、正しいカーネルがインストールされていない場合、これはデバイスをソフトブリックしません。 Android 6.0をルート化する以前の方法では、カーネルにSELinuxポリシーパッチが必要でした。これがないと、デバイスは起動しませんでした。 この方法を使用すると、サポートするカーネルが存在しない場合、ルートは取得できませんが、デバイスは起動します。

予想どおり、この新しい方法は古いルートファイルをクリーンアップしないため、古いルートメソッドと連携して機能しません。 このため、開始する前にストック/システムパーティションを再フラッシュして、クリーンな状態を確認する必要があります。

ダウンロードについては、フォーラムの投稿をご覧ください。 開発者は、SuperSU Betaスレッドで議論が行われることを要求しているので、一般的な話に向かいます。 これは実験的なものであり、バグがある可能性が高いため、自己責任で進めてください。

更新:RedditユーザーのMajorNoodlesは、Android PayがNexus 5で動作することを通知しました。Chainfireは、Google +の投稿で、Android Payの動作は設計によるものではなく偶然によるものであると述べています。 彼は、これに対処するために、将来的にAndroid Payが更新されることを期待しています。