最低設定を超えて長押しの遅延を減らす方法

デバイスのパフォーマンスを「大幅に向上させる」ためのトリックを約束している主流のテクノロジーWebサイトでこれらのリストティクルのいずれかをざっと読んだ場合、おそらくこれを1ダースほど見たことがあります。電話!

今では、フォーラムの読者の大多数がその小さなトリックを知っていると思います。 プラセボだと主張する人もいるかもしれませんが、私の考えでは、時間を浪費する(まだ美しい)アニメーションを排除することでマルチタスクの速度が向上するため、このトリックは実際に機能します。

しかし、デバイスの1つの側面として、マルチタスキング速度を改善するために変更できるようにしたいユーザーもいます 。それは、 長いプレス遅延です。 私が言及している長いプレス遅延は、画面上のタッチがタッチアンドホールドアクションとして登録されるのにかかる時間です。 大量のテキストをコピー/貼り付けしたり、友人のグループとリンクを共有したりすることが頻繁にある場合、デフォルトの長押しの遅延が少し長すぎることがあります。

アクセシビリティ設定には長押しの遅延(Googleが「タッチアンドホールド遅延」と呼ぶもの)を変更するオプションが実際にあります 、遅延はデフォルトの「短い」オプションからしか増やすことができません。 長押しイベントをより迅速にアクセスできるように、長押しの遅延をスピードアップしたい場合はどうしますか? その場合、私たちはまさにそれを行う方法を見つけました。 これは、ほぼすべてのAndroid 4.2以降のデバイスで動作するはずであり、rootアクセスを必要としません


長押しの遅延をさらに短縮

デバイスのすべてのシステム設定と同様に、コマンドラインを使用して電話機の設定を手動で変更するためにアクセスできる値のテーブルがあります。 今回の場合、Settings.Secureクラスで定義されているlong_press_timeout設定を編集します。

アクセシビリティ設定の「タッチアンドホールド遅延」ダイアログでこの値を変更すると、500、1, 000、および1, 500ミリ秒の値を保持できます。これは、それぞれ短、中、および長に対応します。 ただし、コマンドラインから独自のタイムアウト値を手動で設定できます。 この設定には負でない整数を入れることができますが、250ミリ秒未満にしないことをお勧めします。そうすれば、誤って長押しをするのを防ぐことができます。

この設定を編集するには、コンピューターにADBをセットアップする必要があります。 まず、特定のOS用にADBバイナリをGoogleから直接ダウンロードし、コンピューターの別のディレクトリに展開します。 次に、特定の電話に適切なドライバーをインストールします。 次に、[設定]-> [開発者オプション]で[USBデバッグ]を有効にします。 開発者オプションが表示されない場合は、[設定]-> [電話について]に移動し、[ビルド番号]を7回タップして有効にする必要があります。 最後に、ADBバイナリと同じディレクトリでコマンドプロンプトを起動してADBが動作していることを確認し(右クリック->「ここでコマンドプロンプトを開く」)、次のコマンドを実行します。

 adb devices 

デバイスのシリアル番号が表示されている場合(および不正とはいえません)、あなたは黄金色です。 電話にコンピューターのADBアクセスを許可するよう求めるポップアップが表示されたら、「はい」と言います。 どちらも発生しない場合は、コンピューター/電話を再起動し、コンピューターに再接続してみてください。 そうでない場合は、ドライバーを再インストールしてください。

ADBをセットアップしたら、設定を変更します。 必要なのは、次のように単一のコマンドを入力することだけです。

 adb shell settings put secure long_press_timeout integer 

ここで、「整数」はミリ秒単位の長押し遅延です( コマンドに単位を入力しないでください) 。 繰り返しますが、これを少なくとも250に設定することを強くお勧めします。そうすれば、大量の誤検知の長押しアクションが発生しなくなります。

コマンドを入力した後、コマンドを有効にするには再起動する必要があります。 この新しい長押しの遅延を少し試してみて、それがどのように気に入っているかを確認してください。 短すぎると感じる場合は、さらに増やすことができます。 長すぎると感じた場合は、さらに小さくすることもできます。 それは完全にあなた次第ですが、賢明であり、1msのようなばかげたものを置かないようにしてください。

それを試してみて、下のコメントであなたが解決しようとしていることを教えてください!