CurlとOpenSSLをAndroidにインストールするためのミニガイド

Linuxコマンドcurlを使用して、ターミナルを介してWeb経由でサーバーからドキュメントまたはファイルをダウンロードしたことがありますか? Androidデバイスでも同じ機能が必要ですか? ほとんどのタスクで常にwgetを使用できますが、curlはサポートされるプロトコルに関してより互換性があり、双方向転送もサポートします。 ただし、Androidはデフォルトでcurlをサポートしていません。

自分でcurlを簡単にインストールする方法が必要な場合は、フォーラムメンバーr3pwnに簡単なミニガイドが用意されています。 このガイドは最初に、curlとOpenSSLのhaxx.seからプリコンパイル済みバイナリをダウンロードするようにユーザーに指示します。 それらを抽出したら、それらを適切なフォルダにコピーし、適切な権限を設定するだけです。 その後、選択したターミナルエミュレータからコマンドにアクセスできるようになります。

ご覧のとおり、インストールは非常に簡単で、せいぜい数分しかかかりません。 これは、haxx.seからプリコンパイルされたバイナリのおかげです。 r3pwnによると、OpenSSLを実行するにはルートアクセスが必要ですが、curlは昇格された権限を必要としません。

開始を希望する場合は、ガイドスレッドに移動してください。