消費者向けBlackBerry Messengerは5月31日にシャットダウンしますが、エンタープライズ版は1年間無料です

BlackBerryが最も革新的なテクノロジーブランドの1つと見なされた時代がありました。 比類のないセキュリティと信頼性は、BlackBerryの成功の重要な要因でした。 会社のデバイスに組み込まれているBlackBerry Messenger(BBM)を覚えている人は多いと思います。 BlackBerryの業界からの消失により、サービスのユーザーが大幅に減少しました。 BBMの権利を所有しているEmtekは、支払いやクロスプラットフォームサポートなどの新しい最新機能をBlackBerry Messengerに実装することにより、カムバックを試みました。 3年が経ちましたが、時間が経つにつれて、BBMにはカムバックの物語はありません。

本日、Emtekは、BlackBerry Messengerの一般向けバージョンが5月31日に廃止されることを発表しました。 サービスのアクティブユーザーである場合は、今すぐログインして、写真、ビデオ、または保存する価値のあるその他のファイルをダウンロードすることをお勧めします。 上記の期限を過ぎると、アカウントにアクセスできなくなります。 Emtekは、アプリケーションおよびサービス業界での激しい競争が不幸な決定を下すよう会社を押し進めたと主張しています。 2018年のレポートによると、このプラットフォームにはインドネシアだけで6, 300万人以上のユーザーがいました。 しかし、結局のところ、Emtekには十分ではありません。

忠実なBBMユーザーには朗報があります。 BlackBerry Limitedは、企業市場向けのエンドツーエンドの暗号化プラットフォームであるBBM Enterpriseを引き続き所有しています。 Emtekが消費者サービスを終了することを考慮して、BlackBerry Limitedはエンタープライズ版を1年間無料にしました。 これにより、消費者はプラットフォームから移行するためのより多くの時間を得ることができます。 その1年後、BBMeは6か月のサブスクリプションで2.50ドルかかります。


ソース1:BBMブログソース2:PR Newswire