Google Assistantがタブレット、Android 5.0 Lollipopデバイスに搭載

Google Assistantはより多くのデバイスに対応しています。 Googleは水曜日のブログ投稿で、その名を冠したパーソナルアシスタントが5.0 Lollipop以降を搭載したタブレットやAndroidデバイスに「今後数週間のうちに」ヒットすると発表しました。

デバイス言語を英語に設定した米国のAndroidタブレットユーザー、特にAndroid 6.0 Marshmallow、7.0 Nougat、および8.0 Oreoを実行するタブレットに展開されます。 また、米国、英国、インド、オーストラリア、カナダ、シンガポールでは英語に設定され、米国、メキシコ、スペインではスペイン語に設定された5.0ロリポップスマートフォンユーザーに同時にヒットします。

また、イタリア、日本、ドイツ、ブラジル、韓国のデバイスにも展開しています。

Googleアシスタントを取得したら、オプトインするのと同じくらい簡単にショートカットを作成できます。デバイスのアプリドロワーにアシスタントアプリのアイコンが表示されます。 統合はランチャーに組み込まれている新しいバージョンのAndroidのようにシームレスではありません。使用するたびにGoogle Assistantを手動で起動する必要があります。 ただし、スマートホームデバイスの制御、天気予報、道順、レストランのおすすめ、リマインダーなど、他の化身と同じ幅広い機能を提供します。

タブレットは、Google Assistantの6番目のプラットフォームデビューをマークします。すでにAndroid Wear 2.0スマートウォッチ、AndroidおよびiOSスマートフォン、Google Home、Chromebook、Android TV、Androidタブレットに搭載されています。 Googleによると、すべてのAndroidデバイスの26%以上がAndroid 5.0 Lollipopの一部のバージョンを実行し、30%以上がAndroid 6.0 Marshmallowを実行しています。


出典:Google