開発者が丸OSの過去と未来について語る

複数の企業がAndroidをデスクトッププラットフォームとして機能させようとしているため、多くの人が注目しています。 Remix OSについてはこれまで広く取り上げてきましたが、彼らのプロジェクトは、PCハードウェアにインストールするスタンドアロンのソフトウェアとして始まりました。 しかし、今年の初めに彼らはRemix Singularityを発表しました。これは最近市場で見られる人気の傾向です。 企業は、スマートフォンをモニターに接続し、デスクトップPCとして使用することを望んでいます。

Jideはこの点で多くの注目を集めており、SamsungはGalaxy S8およびGalaxy S8 +と互換性のあるDeXステーションシステムも使用しています。 これを達成しようとしている別のソフトウェアがあり、それらの開発者はプラットフォームをMaru OSと呼んでいます。 昨年の2月に、開発者がプロ​​ジェクトをオープンソース化すると発表した方法について話しました。 その後、今年の3月にMaru OS 0.4のリリースと、より多くのデバイスへの移植を推進することで再び。

同社は、昨年、どのような進歩を遂げたかを説明するブログ投稿を公開しました。 安定性を改善し、Marshmallowに移行し、Maru Desktopをバックグラウンドで起動できるように10種類のリリースがあり、暗号化サポートが追加されました。 Maru OSは引き続きNexus 5およびNexus 7 2013 Wi-Fiのみをサポートしていますが、Nexus 5XおよびNexus 6Pで利用可能な初期のコミュニティビルドがあることを確認します。

また、将来的にMaru OSを使用する場所についても話します。 さらに多くのデバイスのサポートを追加し、ワイヤレスディスプレイストリーミング、デスクトップグラフィックスアクセラレーション、デスクトップオーディオ、OTAアップデートなどを有効にします。 開発者は、開発者にとっても使いやすいようにするために、いくつかの領域に取り組む必要があることを認識しています。 ドキュメントを改善し、さらに自動化されたテストを追加してから、ポイントリリースから、夜間または毎週のビルドを含む完全に自動化された連続リリースサイクルに移行したいと言います。


ソース:Maru OS Blog