AutoNotificationを使用してGmailの通知に「既読にする」ボタンを追加する

スマートフォンはデスクトップまたはラップトップコンピューターに完全に取って代わるものではありませんが、多くの場合、スマートフォンはメールの読み取りや返信などの特定のアクションを実行する主要な方法になりました。 それがあなたのことを説明していて、あなたがたくさんのメールを受け取ったら、おそらくあなたは毎日あなたの受信箱をきれいにするより速い方法を見つけたいと思うでしょう。 Androidの公式Gmailアプリのユーザーは、それを行うために長年1つの機能を要求してきました。それは、Gmail通知の「既読にする」ボタンです。 これで、AutoNotificationと呼ばれる気の利いたサードパーティのアプリに感謝することができます。

左:元のGmail通知

右:Gmail通知を「既読にする」ボタンに置​​き換えました

Gmailの読み取りボタンとしてマークする

上記のように、左側の元のGmail通知にはメールの内容が表示されますが、Gmailアプリの設定に応じてアーカイブ(または削除)またはメッセージへの返信のみが許可されます。 右側には、AutoNotificationによって作成されたGmail通知のクローンがあります。このクローンには、すべて同じ詳細とボタンがありますが、「既読としてマーク」ボタンが追加されています。

このボタンは、期待どおりに機能します。 このメールに既読のマークを付けるように指示する「読み取り」メッセージをGmailに送信するだけです。 開発者によるビデオデモを次に示します。

これは、この機能を追加する最初のアプリではありません。 Playストアには「MarkAsRead for Gmail」と呼ばれる古いアプリがありますが、これは基本的に廃止され、私にとっては機能せず、単一のGmailアカウントしかサポートしていません。 一方、AutoNotificationは開発者によって絶えず更新され、そのMark as Read機能は複数のGmailアカウントをサポートします。

先月、Dias氏に先月AutoNotificationアプリにこの機能を追加するようにメッセージを送りました。この1週間ほど、このアプリを問題なくテストしてきました。 Gmailアプリを開かずに新しいメールメッセージをすぐに開封済みにするボタンがないことに気がついたら、AutoNotificationの最新のベータアップデートを試してみてください。

ダウンロードする方法

この機能は、今日リリースされたばかりのAutoNotificationベータv3.3.1bにあります。 ベータ版に参加するには、ここに記載されているベータプログラムにサインアップする資格を得るには、ここでAutoApps Google+グループに参加する必要があります。 完了したら、PlayストアからAutoNotificationをダウンロードするだけです。 バージョン3.3.1bであることを再確認してください。バージョン3.3.1bでないと、Gmailの既読機能がありません

この機能を7日間の試用期間を超えて使用するには、 0.99ドルのアプリ内購入が必要です。 Android Oreoで通知の重要度コントロールを取り戻そうとするときなど、以前にAutoNotificationをすでに購入している場合は、購入済みのフルライセンスに加えてこの機能の料金を支払う必要はありません。

使い方

実際には、アプリはAndroidの通知リスナーサービスを利用して、選択したGoogleアカウントからのGmail通知をインターセプトします。 次に、アプリはGmail APIを使用して、元のメール通知がポップアップに表示されたときのタイムスタンプに基づいて「既読」メッセージを送信し、元のメッセージのコンテンツでフィルタリングして正しいものと一致するようにします。

Gmailサーバーがメッセージのタイムスタンプを記録してから通知に表示されるまでに多少の遅延がある可能性があるため、これは100%正確ではありません。その代わり、AutoNotificationは電子メールが送信されたと思われる時間範囲を送信します。 ほとんどの場合、これは正しい電子メールを既読としてマークするのに十分ですが、受信トレイが1分間隔で送信される連続した電子メールであふれている場合、まれに動作しないことがあります。 そのため、この機能はまだベータ版です。