既存のPlayストアアプリに対するすべての更新は、Android 9 Pieをターゲットにする必要があります

2017年後半、Googleは大胆な決定を下しました。Androidアプリ開発者に、新しいPlayストア要件を追加することで、より新しいAPIレベルをターゲットにすることを強制します。 Googleの目標は、エコシステムのセキュリティを改善し(アプリがプライバシーと許可に関連するすべてのプラットフォームの変更を確実に順守するようにする)、新しいAPIの採用を奨励することです(したがって、ユーザーは携帯電話で新機能を楽しむことができます)。毎年8月1日、 Playストアに送信されるすべての新しいアプリは、前年に導入された主要なAPIレベルをターゲットにする必要があります。 毎年11月1日に、Googleはこの要件を拡張して、既存のアプリの更新をカバーします。 したがって、2019年8月1日の時点で、Google Playにアップロードされるすべての新しいAndroidアプリは、APIレベル28またはAndroid 9 Pieをターゲットにする必要があります。 今日から、同じ要件がアプリの更新に適用されるようになりました。

Googleによると、Android 9 Pieは、今年8月下旬にすべてのGoogle Play認定デバイスの22.6%で実行されていました。 新しいAndroid 9デバイスの認定期間が2020年1月31日に終了すると、APIレベル28以上を実行しているデバイスの割合はさらに大きくなります。 Android 9のAdaptive BatteryやAndroid 10のScoped Storageなどの機能では、少なくとも、既存のアプリが意図したとおりに機能し続けることを確認する必要があります。 個人的には、新しい要件により、古いFingerprintManager APIを使用している開発者がBiometricPromptを採用し、Pixel 4所有者がすべてのアプリでFace Unlockを楽しめるようになることを願っています。

Android 9とAndroid 10の両方には、非常に多くの新しいAPIと既存のAPIの微調整があります。ドキュメントをご覧になると、革新的な新しいアプリを作成したり、既存の機能を強化したりすることさえできます。 残念なことに、昨年APIレベルの要件が引き上げられたときに見たように、この要件により、一部の開発者がアプリの開発を放棄する可能性があります。 ここでGoogleを非難することはできません。開発者がアプリを更新するのに十分な時間を与えただけでなく、開発者に新しいAPIレベルをターゲットにするよう強制する正当な理由もあります