AndroidでGoogle Assistantをより速く開く方法

Google Assistantは、しばらくの間Android携帯電話にヒットする最もエキサイティングな新機能の1つです。 アシスタントと話をすると、膨大なタスクを実行できます。 タイマーの設定やリマインダーの作成など、シンプルなものから、ショッピングリストやホームオートメーションなどの高度な機能まで。 Google Assistantはいくつかのプラットフォームで利用できますが、Androidとの統合は簡単に最適です。 このガイドでは、アシスタントをすばやく起動するためのネイティブおよびサードパーティのさまざまな方法を紹介します。

要件:

  • Android 5.0以降
  • Googleアプリ6.13以降
  • Google Playサービス

ホームボタンを長押し

アシスタントを起動する最も簡単で最も有名な方法は、ホームボタンを長押しすることです。 画面の端が白い輪郭で点滅し、アシスタントが画面の下部からポップアップします。 すぐにコマンドの発声を開始できます。 初めてこれを行うと、オプトインしてアシスタントをセットアップするように求められます。

「OK Google」と発声してください

2番目の組み込み方法では、もう少しセットアップが必要です。 「Ok、Google」または「Hey、Google」と発声すると、音声を使用してAssistantを起動できます。これは、Google Assistantアプリで有効にして設定する必要があります。

  1. ホームボタンを長押ししてアシスタントを起動します
  2. をタップ

    右上隅のアイコン
  3. 3つのドットのメニューアイコンをタップし、[ 設定 ]を選択します
  4. [デバイス]で[ 電話]または[ タブレット]を選択します
  5. Google Assistantのスイッチをオンに切り替えます
  6. OK Google」検出をオンにする
  7. 音声モデルを選択し、音声を訓練する

これで、「Ok、Google」または「Hey、Google」と発声するたびに、アシスタントがポップして聞き始めます。 お使いの携帯電話が叫び距離内にある場合は、入札を行うことができます。

アプリのショートカットを使用する

最後の方法は非常に基本的ですが、誰もがそれを知っているわけではありません。 Googleアシスタントには、他のアプリと同様にアプリのショートカットがあります。 アプリドロワーで見つけるか、Playストアからインストールできます。 ショートカットはホーム画面に配置し、以下で説明するように他のアプリで使用できます。 常にタップするだけです。

ボタンマッパー

Button Mapperは、デバイスのハードウェアボタンに特別なタスクを割り当てることができるアプリです。 この目的のために、このアプリを使用して、携帯電話に専用のGoogle Assistantボタンを提供します。 このアプリでは、音量ボタンとヘッドセットボタンを使用できます。 ボリュームダウンを長押ししたときにアシスタントを起動する方法を紹介します。

  1. PlayストアからButton Mapperをインストールする
  2. アプリを開き、 アクセシビリティ権限を付与します
  3. ボリュームダウンを選択
  4. 長押しを選択
  5. 下にスクロールしてアシスタントを選択

このショートカットは、ディスプレイがオンの場合にのみ機能します。 シングルタップとダブルタップのショートカットを使用することもできます。 仮想ホームボタンよりも物理ボタンを長押しする方が簡単な場合、このアプリは非常に便利です。

SideSqueeze

Pixel 2スマートフォンのユニークな機能の1つは「アクティブエッジ」と呼ばれる機能です。これにより、デバイスの端を物理的に絞ってGoogleアシスタントを起動できます。 SideSqueezeと呼ばれる巧妙なアプリは、気圧センサーを利用してこの機能を(一部のデバイスで)複製します。 SideSqueezeはSamsung製の携帯電話で最適に機能しますが、他のデバイスでも機能します。 一撃の価値があります。

  1. PlayストアからSideSqueezeをインストールする
  2. アプリを開き、 アクセシビリティ権限を付与します
  3. 免責事項に同意する
  4. デバイスの圧縮を開始します。アプリが機能する場合、圧力スライダーが移動します
  5. 下にスクロールして、スクイーズのコマンドを割り当てます