Pixel 4のMotion Senseジェスチャーは、ご自身の責任でどの国でも動作するように強制できます

GoogleのPixel 4スマートフォンは、GoogleのSoliレーダーを備えた最初の商用製品です。 Soliレーダーは、新しいPixelスマートフォンのさまざまなMotion Senseジェスチャを強化します。これには、メディアトラックをスキップしたり、着信コール、タイマー、またはアラームを無音にするジェスチャが含まれます。 Soliレーダーは60 GHzの無線周波数で動作するため、Pixel 4での使用は各国の通信当局による規制認可の対象となります。 そのため、起動時にMotion 53のジェスチャーは、Pixel 4が53のホワイトリストに登録された地域の1つでキャリアに接続されている場合にのみ機能します。 ただし、ルートアクセスでは、この制限をバイパスできます。

Pixel 4のリリース前にこの方法を実際に見つけましたが、許可されていない周波数で電波を送信できるため、サポートされていない国で違法に使用することを人々に勧めたくありませんでした。 しかし、猫が袋から出てきたので、この回避策を実際に封じ込めることはできません。これは、主に非常に簡単だからです。 Motion Senseジェスチャの処理を担当するアプリであるOsloFeedbackには、すべての地域チェックを無効にする非表示のデバッグフラグがあります。 このデバッグフラグをtrueに設定すると、Pixel 4では、SIMカードが接続されているキャリアに関係なく、ジェスチャーを使用できます。

このフラグを設定するには、最初にブートローダーのロックを解除し、Magiskで電話機をルート化する必要があります。 次に、ここにリストされているシェルコマンドを実行するか、ここに記載されているXposedモジュールをインストールします。 前者の方法を使用する場合は、MagiskHide Props Configを使用してプロップを設定することをお勧めします。これにより、ブート後も維持されます。 後者を行う場合は、ここで説明するように、Riru CoreおよびEdXposed Magiskモジュールをインストールする必要があります。 いずれにせよ、モーションセンスジェスチャに関するGoogleの地域制限をバイパスすることになります。

Pixel 4フォーラム ||| Pixel 4 XLフォーラム

サポートされていない国では短距離であるため、これを使用してもそれほど害はありませんが、使用することを選択した場合、リスクを負うことになります。