APK Studioを使用して1つのツールで逆コンパイル、編集、再コンパイル

プリコンパイルされたアプリケーションを変更したことがある場合、Recognized Developer Brut.allのAPKToolまたはそのバリアントの1つで時間を費やしたことは間違いありません。 APKToolは非常にうまく機能します。そのため、何年も経った今でも人々はそれを使用しています。 ただし、APKToolを使用するには、Notepad ++などの個別のアプリを使用して、逆コンパイルされたバイナリを編集する必要があります。 それが完了したら、APKToolに戻って変更したアプリを再コンパイルする必要があります。

物事を大幅に合理化するために、フォーラムメンバーvaibhavpandeyliveはAPK Studioを作成しました。 おそらく、APK Studioを分類する最良の方法は、.smaliファイルのIDEを呼び出し、構文を強調表示することです。 ただし、APK Studioでは、単にコードを編集して視覚化するだけでなく、ユーティリティ自体からバイナリを逆コンパイルおよび再コンパイルすることもできます。 したがって、すべてを実行するために必要なツールは1つだけであるため、APK編集プロセスがより合理化されます。

理想的には、ソースビルドの開発とアプリの修正が進むべき方法ですが、アプリのソースコードが利用できない場合が何度もありますが、個人的な使用のためにいくつかの微調整をしたい場合があります。 このような状況では、APK Studioが役立ちます。 ユーティリティスレッドにアクセスして、試してみてください。 また、アプリを改善できると思われる場合は、アプリのソースコードをダウンロードして試してみてください。